« 愛憎劇。 | トップページ | »

2007年3月29日 (木)

ご飯は命。

またまた間が空きまして。

そんなに忙しくはないんですけどね、卒業のわりには…

↓のブログが長いとのクレームがありましたが、ブログは自己満なので気にせず長々と書かせていただきます。

お好きなだけ読み飛ばしてください(笑)

6日目 モンサンミッシェル

言わずと知れた?世界遺産、海の上に浮かぶ修道院です。

Dsc00218

日本語を話せるフランス人のガイドさんつきだったので、説明がわかりやすかった☆

モンサンミッシェルといえば、ガレット(クッキーみたいな)とオムレツ。

その両方を生み出したのがこの方!

P2260387

プーラールおばさん。今でもレストランは大人気。

ここはまだ麓なので、またもやえっちらおっちら上っていきます↑

狭い坂道の両脇にお店があるのが、清水寺を連想させる感じ。

坂道が終わると今度は階段を上って…

P2260399

教会(の一部)が見えてきます。これまた天を目指すゴシック様式の建築。

これを見て感心したのが、先々のことを考えて建物を建てているということです。

写真ではわかりにくいんですが、塔のつけ根にあるトカゲみたいな形のものは雨どいで、たまった雨水が建物を伝わない(ことで建物を傷めない)ようにできているんです。

雨水のせいで建物が傷むって何十年も先のことなのに… すごいなぁ。

今日も風邪がビュービューすごいので(海沿いだから?)、そそくさと中へ!

P2260402

石造りだし、外はこけ蒸してて、なんか重暗い雰囲気だったけど、中はとっても明るいです☆

実は明かりとりのために工夫が施されていて、写真で見ると柱な部分の奥は全部窓になっています。

次に修道士が瞑想したと言われる回廊。

柱がたくさん立っているんですが、これは瞑想のときの歩幅を示しているんだそうです。

P2260415

3階建ての食堂を通り抜けて、柱の間に。

食堂は(写真なし)、上から修道士の食堂、中間が賓客の食堂、下層が一般の人々のものでした。

同じ建物にそっくり同じ間取りなんだけど、それぞれに特徴がありました。

例えば、僧侶の食堂には暖房設備がなく、平民のところはシンプルなつくりとかね。

3階建ての石造りを支えてるのは、この柱。

Dsc00209

4人がかりです。周囲5メートル。

これが何本も並んでるのが柱の間です。

柱の間を通り抜けると、これまた大きな滑車が。

P2260424

これはかつて、ここに囚人を収容していたときに使っていたものだそうです。

モンサンミッシェルは小高い丘の上に建っていて、しかも高い建物なため、荷物を搬入するのが大変!

そこでこの大滑車を使って物を運び入れていました。

6人が一度に中に入ることができ、2tまでの重さのものが一度に運べるそうです。

ハムスターみたい(笑)

他にもここで亡くなった修道士さんのための火葬場や葬儀場、棺などを見て、やっとこ外に出ました。

所要時間2時間。予定では1時間程度のはずだったんですけど…

最後にガイドさんのおススメスポットで写真を撮りました。

Dsc00216

フランスでもチラリズムはそそるんですかね?

チラッと見える修道院と、そのてっぺんのサンミッシェル像です。

さぁーお腹がすいたところで、(このときすでに1時半)お待ちかねのランチです♪

有名なオムレツははずせない!

でもちゃんとした(ファストフードではないという意味)レストランに入ると時間がかかるし。

できればプーラールおばさんのお店で食べたいけど、無理そう。

しょうがないのでそこらへんのレストランに入りました。

ここのお店が、もんのスゴイ雰囲気が悪くて、困りました…

あたしたちも日本語ならどーせわからないだろうと思って、言いたい放題(笑)

「あれはまずいよー、日本のサービス業を見習って欲しいよね!」とか。

そしてでてきたのがこれ。

Dsc00217

見てのとおりほぼ空気(爆)でも高いんですよ~、コレ。

観光地お値段ですね、完璧に。日本円で2500円くらいかな(€14)。

もともといい評判は聞いてなかったので(添乗員さんも「名物にうまいものはなしといいますが~」とか言ってました)、一人前しか頼みませんでした。

もう一人分は無難にスパゲティーミートソースを頼んだんですが、明らかに自分でゆでて、レトルトのミートソースをかけた方がおいしかったです!!

急ぎ足でかっこんでも、時間はほとんどあまらず。本当はお土産とかゆっくり見たかったんですけど。

その後はまたひたすらバス移動… 今日はついにパリ近郊に乗り込みます!!

お昼の2時頃にモンサンミッシェルを出発しましたが、到着したのはまたもや8時前。

途中のサービスエリアで軽食を買うこともできたのですが、近くにスーパーがあると聞いていたので何も買わずに来たあたしたち。

ところがスーパーには食材しか売ってない!お惣菜はない!!

てかここのスーパーにはサンドイッチすらもなかった… ので。

P2270441

この旅で二度目のケバブ(T_T)敗北感たっぷりです。

てんこ盛りのお肉の下は一応ご飯です、人生の中で最強にまずかったですけど。

4分の1も食べられませんでした。

このケバブ屋さんのお兄ちゃんにもなぜだかナンパ?をされ(部屋に帰ってから気づいたんだけど)、どうやらおまけをしてくれた模様。

でもコレ↓はどうかと思うよ。

P2270442

パン in ビニール袋。

お願いだから日本のサービス業を見習ってください。

かわいそうだったAyaに合いの手 愛の手を!!

ブログランキング・にほんブログ村へ

|

« 愛憎劇。 | トップページ | »

コメント

プーラールおばさん、すごい人なのね。

オムレツは卵がたっぷり過ぎて私のママンのしかる声が聞こえる気がして食べれないけど、とてもおいしそうに見える食べ物だと思います。
ガレットもけっこうスキ。

プーラールおばさんに乾杯!

投稿: みけ | 2007年3月29日 (木) 15時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 愛憎劇。 | トップページ | »