« 夢見る王様。 | トップページ | リヨンの夜。 »

2007年3月11日 (日)

ヨーロッパの頂点に、電車でGO!

4日目 インターラーケン→ユングフラウヨッホ→リヨン(フランス)

今日は世界遺産であるユングフラウヨッホ観光。

ユングフラウヨッホとはヨーロッパで一番高いところにある鉄道の駅の名前です。

ここからは北壁が有名なアイガーや メンヒ、ユングフラウといった3000から4000m級の山々を臨むことができます。

宿泊したインターラーケンから、バスでグリンデルワルトという駅まで行って、そこから今日はちょっとした鉄道の旅です!!

だけど…

P2240178_1

なぁんだかあやしげな雲行き… あ、コレはアイガーです。

ちょっと不安になりつつも、かわゆい電車に乗り込みます。

Dsc00115

途中、クライネシャイデックという駅で、別の電車にお乗換え… って

P2240187

のぉぉ~!! 何が何だかわからんような天気ですけど…

ユングフラウは女の子の山で、恥ずかしがり屋さん(なかなか頂上を見せてくれない)で有名だとは聞いていましたが。

頂上どころか全体的に見えないぃ~!!

そんなわけで、ユングフラウヨッホの記念写真はこんな感じ。

P2240207

山の写真、てかむしろあたしの写真?!

晴れていれば、ここから3つの山、それからスイス最大の氷河が見えます(のハズ)。

ものすごい消化不良な気分になりそうなので、観光局さんのホムペをリンクします。

スイス観光局さんのホームページ☆

また一応参考までに

どのくらい寒かったかといいますと、

ジーンズの中に120デニールのスパッツはいて、

タートルネックのセーターの下にババシャツ着て、さらに貼るホッカイロして、

ダウンのコートを着て、マフラーと毛糸の帽子と手袋をつけたら

なんてことはない感じですよ… イヤ寒いです

Dsc00129

ご親切に日本語表記まで。ありがとうございます。

そういったもろもろの事情により、友達との記念撮影は屋内にて。

P2240211blog

氷の宮殿、アイスパレスにも行きました。

P2240217blog

観光地で顔はめは世界共通?

このユングフラウヨッホ駅には、なんと日本の郵便ポストがあります。

Dsc00130

この情報を事前入手していたあたしたちは、前日レストランに行く前に絵葉書を買って、書いておいたのでした☆

ここから出した葉書はあたしが帰ってきてもまだ着いてませんでした(笑)

でもこんな山の中まで回収しにきてくれる郵便屋さん、ありがとうございます。

ここまで食欲が最前面に押し出された感じの日記をアップしてきたあやっぺですが、

高山病予防のため、お得意のダッシュをかませなかったので、ホットチョコレートを飲みそびれてしまいました(涙)

帰りは乗り継ぎのクライネシャイデックでランチなので、その時に飲めばいいやと思っていました。

クライネシャイデックに下りても(電車で40分くらい)天気はすこぶる悪く、みぞれみたいなのがぼとぼと降るわ、風はビュービューだわ…

こりゃあますますホットチョコレートが必要!と思いながら、レストランにかけこみ、メニューをめくると…

P2240257

あの… 1ℓ以外のサイズはないんですか?(ほんとにない)

こんなもの頼んだら、ランチが食べれなくなってしまうのでホットチョコは断念(悲)

山を下りてもきっと飲む機会があるでしょう、とゆうことになりました。

そしてランチ。相変わらずソーセージ大好きなアタシの友達。

Dsc00131

左奥が昨日も食べたロシティ、右奥がソーセージです。

あたしはチーズのソースがかかったロシティを頼んだはずだったのに、出てきたのは

P2240258

チーズ添え。

しかもこのチーズばかでっかい上に、なんかあたしは好きじゃなかった…

塩気が全っ然なくて、乾燥してる感じで、まるで消しゴムをかじってる感じだったんです。

ロシティがけっこうしょっぱかったのでコレはコレでよかったのかもしれないけど…

なんて気持ちがちょっとくじけそうになっていたあたしを出迎えた外の景色は

P2240261

超どピーカン!!

左がアイガー、右がメンヒです。

雪煙(っていうのかな)が立って、神々しい雰囲気さえあるじゃん!!

P2240264

ユングフラウちゃん(右。左はメンヒ)はやっぱり少し顔を隠していたけど、大満足です☆

興奮しすぎで高山病にならないように気をつけなきゃって思ったくらい(笑)

ランチタイムの中頃くらいからはずーっとこのお天気だったので、写真も雰囲気も思う存分楽しみまして、クライネシャイデックを後にしました。

帰りの電車の中で、お仕事ドッグ発見☆

P2240272

アスティちゃん、4歳の女の子。体重はなんと60kg!!

このコはモデル業(観光客とお写真を撮る)が本業で、災害救助はしてないんだそうですが、今でもセントバーナードは救助犬として大活躍なんだそうです。

首に下げてる樽には度数の高いアルコールを気付け薬として入れておくんだって。

なんでセントバーナードがいいかというとおててが大きく、雪に沈みにくいからだそう。

やっぱりポーは大事ですね(ポーマニアの弁)

なんて熱い視線をアスティに送り続けていたら、グリンデルワルトに到着してしまいました。

P2240285

アスティにも、楽しかった電車の旅にもバイバイして、バスで一路リヨンに向かいます。

スイスはほんとに1日だけの滞在だったので、またぜひ(いつもこう言ってる気がするなぁ)来てみたいと思います。

今度はケーブルカーとかに乗りたいかな。

リヨンに到着後、実は夜景を見に行ったりしたのですが、今日はスイスの日!!と勝手ながら決めさせていただき、リヨンのことは明日の日記にアップしま~す。

いつも長々と読んでくださりありがとうございます!

ついでと言ってはなんですが、こちらもよろしくお願いします!!

ブログランキング・にほんブログ村へ

|

« 夢見る王様。 | トップページ | リヨンの夜。 »

コメント

すごい雄大な景色!!!
ため息が出ちゃう。
実際に見たらもっともっとスゴイんだろうな~。
行ってみたいです!
セントバーナードの首にお酒かなんかを入れてるって、
テレビで見たことあります!
いやぁ~、ホントなんですね~。
リヨンも行ってみたい!
そういえば、私のブログに来て下さってる、
tieta4Uさんはリヨンとアルプスに住んでるんですよ(^^)
いつも素敵な景色の写真にうっとりしてました。

投稿: まさにゃん | 2007年3月13日 (火) 13時55分

>まさにゃんさん

そうなんです~!ホントにホントにすごかったんです!!
氷河も見えて、これは世界遺産だよな~と思いました。
セントバーナードね、かっこいいですよね☆
アズキちゃんも背中に何かしょって(しつこい?)まさにゃんさんがピンチの時に助けに来てくれるように仕込んでみてはいかがでしょうか?(笑)

tieta4uさんのブログ、あたしも実はたまに行ってます、読み逃げですけど(汗)
原っぱでお散歩してるのを見て、あんなところで探検したら絶対楽しいんだろーなーとか思ってました。
まさにゃんさんがリヨンに行くときは、あたしにもぜひ声をかけてください。
リベンジなんで(爆)

投稿: あやっぺ | 2007年3月14日 (水) 01時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 夢見る王様。 | トップページ | リヨンの夜。 »